主婦のキャッシング枠ってどれくらいになるの?

主婦でもパートなどで働いて継続した一定の安定収入さえ得ていればキャッシグはできますし、「キャッシング枠」をもらうことも可能です。専業主婦でも夫の収入を担保にしてキャッシングを認めてもらえばキャッシング枠だってもらえます。

 

どんな主婦でもキャッシングOkなら「キャッシング枠」もらえる

 

主婦でもキャッシング枠をもらえば、その範囲内なら何度でも借入はできますし、返済すればもらったキャッシング枠を維持できます。キャッシング枠は、利用状況によって増やすことも可能です。でも、「初めてのキャッシング枠ってどれくらいになるのかしら?」ってちょっと心配してしまう主婦は多いと思います。
パートで働いて収入ある主婦なら、自身の収入に見合ったキャッシング枠をもらえます。たとえば、収入の3分の1までが融資上限額となる総量規制の対象になる消費者金融ならパート収入の3分の1までが原則としてパート主婦のキャッシング枠になると考えてください。パート収入が90万円の主婦だと、消費者金融で与えられるキャッシング枠は最大で30万円となります。
初めてのキャッシングの利用から、いきなり収入の3分の1までのキャッシング枠をもらえるケースはまれとなります。キャッシング枠の上限が30万円の主婦だと、最初のキャッシング枠は10万円くらいになるのではないでしょうか。そして、少しずつ利用実績を積んで信頼を積み上げることで最終的にキャッシング枠の上限となる30万円になると考えてください。銀行の場合は、総量規制の対象外なので、パート収入が90万円の主婦だと30万円以上の借入も原則として可能となります。が、銀行でも申込者の収入の3分の1をいちおうのキャッシング枠の上限としているようであり、かなり信頼の高い顧客に対しては3分の1以上の融資を認めてくれるケースはあるようですね。

 

夫の収入担保にする専業主婦のキャッシング枠は?

 

無収入の専業主婦は、夫の収入を担保にしてキャッシングを利用し、夫の年収をベースにキャッシング枠を与えられることになります。具体的に言うと、「夫の年収−夫の借金額=専業主婦のキャッシング枠」と考えてください。消費者金融なら、専業主婦のキャッシング枠となる3分の1までがキャッシング枠の上限となります。たとえば、150万円が専業主婦のキャッシング枠とすれば、50万円までがキャッシング枠の上限になります。
実際に専業主婦がもらえるキャッシング枠について言えば、上記のような計算式ではなく、一律で専業主婦が利用できるキャッシング枠の上限額を設定しているところが多いようなのです。楽天銀行だと、専業主婦は50万円で、みずほ銀行では30万円まで、といったように一律でだいたい30〜50万円が専業主婦が利用できるキャッシング枠となるみたいです。また、利用開始時からいきなり30万円や50万円といったキャッシング枠をもらえる訳では無くて最初は「10万円まで」といった小額になるところが多いようなのです。

主婦キャッシング一覧