収入証明書について。収入証明書がいる場合といらない場合について

キャッシングを認めてもらう場合には提出しなければならない審査書類というものがあるのをご存知でしょうか?これらの審査書類が提出できないと、他の審査条件はクリアできても最終的に審査に落とされてしまうことになります。

 

収入証明書がいる場合

 

最初に知っておきたいことは、キャッシング審査における「審査書類」には、身元確認のための運転免許証や健康保険証、パスポートといった「本人確認書類」と、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などの収入ある事実を証明できる「収入証明書」の2つがあると言うことです。本人確認書類については、借入額等のいかなる条件にかかわらずキャッシングを利用する人は誰もが提出しなければならない必須の審査書類となります。「収入証明書」については、収入証明書がいる場合といらない場合があります。
まずは「収入証明書がいる場合」について説明します。消費者金融のキャッシングでは、借入額が50万円以上と、他社との借入額の合計が100万円超となる場合に、貸金業法の定めにおいて収入証明書の提出がいります。
銀行のキャッシング審査では、たいていのところは100万円以下の借入では収入証明書は不要になると考えてよいでしょう。また、銀行の中には、200万円以上、300万円以上の借入になる場合のみに収入証明書が必須となるところもあります。
たとえば、オリックス銀行は300万円までなら収入証明書は不要です。アルバイトやパートなどの収入がやや不安定な申込者の場合には、借入額のいかんに関係なく、「収入ある事実の証明」として収入証明書の提出が必要になるケースが多いと考えておいてください。収入証明書は、原則として直近2〜3か月分の給与明細書等の提出となります。が、アルバイトやパートの申込者では、1年分くらいの収入証明書を要求されることもあるので、アルバイトやパートの人は1年分の源泉徴収票や給与明細書をきちんと保管しておくことをお勧めします。

 

収入証明書がいらない場合

 

キャッシング審査では、収入証明書がいらない場合もあります。収入証明書がいらない場合とは、消費者金融では50万円以下の借入と他社からの借入合計が100万円以下となるケースです。銀行では100万円以下の借入なら収入証明書はいりません。また、消費者金融のモビットの【WEB申込完結】なら、収入証明書が不要でお金が借りられます。【WEB申込完結】では、本人確認書類のみの提出でOKとなります。ただし、在籍確認の免除のための代替書類として給与明細書の提出が必要になる場合があります。
その場合でも社員証や在籍証明書、社会保険証を代替書類として提出できれば、給与明細書などの収入証明書は不要となります。もうひとつ専業主婦の場合には、原則として「夫の収入証明書」の提出が必要になります。しかし、楽天銀行は50万円以下の借入なら夫の収入証明書が不要となります。とにかく、借入額が50万円以下の小額融資となる場合には、消費者金融でも銀行でも、原則として「収入証明書はいらない」と考えてもよいでしょう。

主婦キャッシング一覧