審査になぜおとされるのか?おとされる理由について、またおとされた時どうすればいいのか?

誰だってお金は簡単に借りたいですよね。でも、審査に落とされるのは絶対に嫌でしょう?審査に落ちる理由って割と明白で、審査に落ちる人にはある種の共通点というものがあるのです。

 

審査に落ちる理由は明白です

 

審査は、申込者を落とすためにあるものではありません。審査は「お金を貸す資格」を問うためのものなのです。そのことから審査に落ちる理由とは、「お金を借りられる資格に不足している」ということになります。では、審査に落ちる理由ってどんなことになるのでしょうか?
端的に言えば、「信用できない人」になります。審査に落とされてしまう人の共通点としては、何かしらの理由で「信用できない人」とみなされてしまうことにあるのです。もっと具体的に言うと、「無職無収入の人」は信用できない人となって審査に落ちる理由となります。
無職無収入だと社会的信用度が低くなります。また、無職だとお金を貸しても返済できる当てが無いので審査に落とされる理由となりますね。審査では必ず信用情報機関に与信をかけてカードローン等の利用歴を調べます。この与信審査において、返済の延滞を繰り返していたり、任意整理や自己破産などの債務整理をした記録があると、「金融ブラック」とみなされて100%の確率で審査に落ちることになります。他社からたくさんお金を借りていたり、複数社から借金があると多重債務者の予備軍と判断されて審査に落ちる理由となります。
他方、申し込みにも注意しないと審査に落ちる理由となってしまいます。たとえば、1度に4社も5社もキャッシングに申し込んだり、短期間にたくさんのキャッシングに申し込んだ履歴があると、「申込ブラック」とみなされて審査に落とされます。審査に落ちる人の理由は、上記のどれかに該当しているケースが多いと言ってよいのです。

 

審査に落ちたらどうする?

 

審査に落ちた時は、まず審査に落ちた理由を考えることですね。でもキャッシング会社は審査に落とした理由は教えてくれません。だから自分なりに落ちた審査を反省することが審査に落ちた時にまず行うこととなるのです。
そのような落ちた審査への反省無しでまた審査に申し込んでもいたずらに審査落ちを繰り返してしまうだけだからです。審査落ちの履歴を信用情報機関に積み上げてしまうと、もっと審査に通り難くなります。自分なりに審査に落ちた理由が分かったなら、まずはその原因を解消することです。たとえば、「他社からの借入額が年収に比して多過ぎる」のが原因だと考えたら、少しでも抱えている借金を減らしてから審査に再度申し込みましょう。一度審査に落ちたら、少なくても半年間くらいは期間を置いてください。なぜなら、申込履歴は信用情報機関に少なくても半年間ほどは残るので、申込履歴が残ったまま何度も申し込んでしまうと「申込ブラック」と勘違いされて審査に落ちる理由になってしまうからです。

主婦キャッシング一覧