お金を借りる主婦の審査の書類は何がいるのか、準備しておいたらいいものなど

お金を借りる主婦でも、他の利用者と同様にいくつか審査の書類として前もって準備しておくべきものがあります。利用する金融機関によって審査の書類は異なります。収入ある主婦と無収入の主婦とでは、準備すべき審査の書類に違いがあります。そのことから審査の書類の準備については、前もって利用する金融機関の公式HPなどでしっかり確認しておく必要があると思われます。

 

「収入ある主婦」の審査書類の準備

 

収入のある主婦での審査の書類の準備として、まず「本人確認書類」は必ず準備しておかなければなりません。具体的には、運転免許証・健康保険証・パスポートなどが一般的です。場合によっては住民票の提出でもOKとなります。
本人確認書類は、お金を借りる主婦の身元確認のための書類となるので、この書類が提出できないと絶対にキャッシングは認めてもらえません。申込書に記入した個人情報を確認するためにも本人確認書類は必要となるので、必ず準備しておいてくださいね。もうひとつ審査の書類として準備しておきたいのは、「収入証明書」です。消費者金融を利用する場合には、50万円以上の融資を受ける場合と、他社との借入額の合計が100万円以上となる場合に収入証明書の提出が必要になります。
そのことからパート主婦の方は、必ず源泉徴収票や給与明細書をできれば1年分くらいはきちんと保管しておいてください。銀行を利用する際には100万円までは収入証明書が不要となります。しかし、パート主婦の場合は借入額に関係なく、収入ある事実を証明することを審査で求められるケースが多いと考えられるので、収入証明書は審査の必要書類と考えて事前に準備しておくべきでしょう。

 

「収入ない専業主婦」の審査書類の準備は?

 

収入のない専業主婦の場合にも、収入ある主婦と同様に、身元を証明できる本人確認書類は審査の書類として必須となるので準備しておく必要があります。本人確認書類が提出できない専業主婦は、キャッシング利用を認めてもらえません。一方、収入証明書については、専業主婦の方は無収入なので提出を求められても無理ですよね。その場合には、夫の収入証明書を提出することになるので、夫の収入証明書を事前に準備しておいてください。専業主婦は、自ら収入が無いので、夫の収入を担保にするかたちでお金を借りることになります。
専業主婦では「配偶者貸付」といった制度が利用できます。配偶者貸付を利用する際には、さらに審査の書類が増えます。具体的に言うと、@配偶者の同意書・承諾書、A結婚している事実を証明できる住民票・戸籍抄本、B夫の収入証明書の3つの書類が増えます。以上のことから、専業主婦が事前に準備しておくべき審査の書類は、原則として自分の本人確認書類と夫の収入証明書となり、「配偶者貸付」を利用する場合には加えて、夫の同意書と婚姻事実を証明できる公文書が必要になると言うことです。

主婦キャッシング一覧