主婦、専業主婦、がお金を借りる時の審査について

カードローンなどでお金を借りる際には、誰でも必ず審査を受けなければなりません。そして、その審査に通らないとお金は借りられませんよ。それゆえ、お金を借りる主婦の方も必ず審査を受ける必要があります。ところでお金を借りるための審査ってどんな感じになるのでしょうか?

 

申込者別に分けた審査ありません

 

カードローンやキャッシングにおける審査は、すべて一律の審査となります。つまり、「申込者によって審査が変わる」ということはありません。それゆえ、お金を借りる主婦の審査も他の利用者と同じ審査内容、あるいは審査基準になると言ってよいのです。では、カードローンやキャッシングの審査では、具体的にどんなことを調べるのでしょうか?銀行でも消費者金融でも、どの審査においても、申込者の「信用能力」と「返済能力」の2点を必ず調べます。つまり、どのキャッシング審査でも、この2点以外の項目は審査しないと言ってよいのです。それゆえ、主婦もこの2点を審査で調べられます。

 

「信用能力」と「返済能力」の審査ってどんな感じ?

 

「信用能力」の審査は、「この人ならお金を貸しても大丈夫だな」といったことを調べます。つまり、信用できる人間かどうかを調べると言うことですね。では、お金を借りる主婦の「信用能力」っていったいなんになるのでしょうか?それは過去のカードローン利用において、返済で問題などを起こしていないこと、たくさんの借金を抱えていないこと、といった点になると思われます。つまり、「収入があるかないか?」といったことになりますね。そのことから安定収入を確保していれば、アルバイトやパートといった働き方をしていても返済能力の審査はパスできるのです。そして、主婦の場合には、パートなどで働いて収入ある主婦と、無収入の主婦との違いで返済能力の審査の行方は明確に別れてしまうと言ってよいでしょう。

 

専業主婦の審査は些か特別かも?

 

そもそも無収入の専業主婦は「無収入」という事実がある時点で審査をする必要も実はないのです。なぜなら、審査に通らないのは確実だからなのです。が、無収入という事実があっても、「夫の収入を担保にする」といったことで専業主婦は審査を受けられることになるのです。それゆえ、専業主婦がお金を借りるための審査は、些か特殊と言ってよいのかもしれません。そして、専業主婦の借入審査において、実質的に審査されるのは夫になると言っても過言ではないのです。なぜなら、無収入という以外に専業主婦本人に何も問題は無くても、夫の収入状況や借金状態によっては専業主婦がお金を借りられないことがあるからなのです。

主婦キャッシング一覧