専業主婦の場合

専業主婦でもカードローンを利用すればお金を借りるのは可能です。また、即日にお金を借りることだってできます。でも、専業主婦の場合は、収入ある主婦の人とはやや異なり、キャッシング方法の勝手が違う面があるので、その点はしっかり理解しておく必要はあると思います。

 

配偶者の同意得られる専業主婦なら問題少ない

まず専業主婦がお金を借りる上での一番の問題は、「専業主婦本人に収入がない!」ということなんです。つまり、お金を借りる本人に返済できる当てが無いと言うことになるのです。そして、この借入条件は、お金を借りる上において最も厳しい条件になってしまいます。しかし、無収入の専業主婦の場合は、配偶者がいるので配偶者を頼りにできればお金借りるのは可能なんです。つまり、「配偶者である夫の収入を担保にして収入ない専業主婦がお金を借りる」ということですね。そして、お金を借りることに対して「配偶者の同意」を得られる専業主婦ならキャッシングの問題は少ないと言えます。なぜなら、専業主婦がカードローンを利用してお金を借りるときに、夫の収入証明書の提出を求められてもきちんと提出できるからです。もし、そのような場合に夫の収入証明書を提出できないとお金の融資を断られます。さらに言えば、配偶者の同意を得られる専業主婦なら、配偶者貸付の利用も可能となります。

配偶者貸付とは

夫の収入を担保にして、無収入の専業主婦だと総量規制の対象となって利用できない消費者金融でも利用できるようになる制度のこと

そして、配偶者貸付の利用には、配偶者の同意書の提出が必要になるので、配偶者の同意を得られない専業主婦ではこの制度は利用できないのです。

 

配偶者の同意ない専業主婦のお金借りる方法

配偶者の同意を得られない専業主婦は、本質的に「夫には内緒でお金を借りたい!」といった方でもあるのではないでしょうか?もちろん、配偶者の同意を得られなくても、また夫や家族に内緒で専業主婦でもお金を借りることは可能なのです。ただ、もともと無収入ということで、ただでさえ借入先が限られてしまう専業主婦なのに、さらに「配偶者の同意なし」や「夫や家族に内緒で借りる」といった条件が加わると、もっと借入先は狭くなってしまうのが否めません。そのような事情の場合は、銀行カードローンの中でそれら条件を満たせるカードローンを探す以外に手はありません。そこで夫の収入証明書が不要でお金借りることができるところならOKとなるでしょう。
たとえば、楽天銀行カードローンなら、50万円以下の小口融資なら夫の収入証明書の提出無しでお金借りることができます。このように希望融資額がなるべく低く抑えれば夫の収入証明書無しで夫や家族に内緒でお金借りるのは可能となります。

 

主婦キャッシング一覧