母子家庭の主婦でもお金借りられる?

パートなどで働いている主婦はもちろん、無収入の専業主婦だってお金を借りられます。その一方で、母子家庭の主婦でもお金を借りるのは可能なのでしょうか?

 

母子家庭の主婦でもお金を借りられます

 

母子家庭の主婦だって、他の主婦と同じようにお金を借りるのは可能です。「母子家庭の主婦」との理由だけで融資を断れてしまうことはまず無いと言ってよいと思います。母子家庭の主婦だから特に審査を厳しくされてしまうなんてことも無いと思います。そのことから母子家庭の主婦でも安心してキャッシングに申し込んでみてください。母子家庭の主婦でも他の主婦の利用者、一般利用者と平等に扱われます。
審査基準も同じなので、その審査基準さえクリアできれば母子家庭の主婦であるといった社会的立場を一切問われることはありません。継続した一定の安定収入をきちんと確保している母子家庭の主婦なら、パート主婦とまったく同じ条件で申し込めるので銀行でも消費者金融でもOKです。融資についても、消費者金融なら総量規制による収入の3分の1までの借入は原則として可能となります。

 

母子家庭の主婦では「収入ある事」が絶対条件

 

母子家庭の主婦がお金借りるための条件としては、パートや契約社員などで定期的に働いて安定収入を確保していることになると言ってよいでしょう。母子家庭の主婦の場合は、専業主婦のように配偶者の収入を当てにして担保にしてお金を借りる事は無理です。そうなると「借りたお金を返す」ための返済能力が大きな問題となります。返済能力の審査をクリアするためには、自ら稼いだ収入しかありません。
つまり、無職無収入の母子家庭の主婦では、お金は借りられないと言ってよいのです。また、生活保護を受けている母子家庭の主婦の方も多いと思われますが、生活保護を受けている場合にはお金は借りられないと考えるべきでしょう。実際には生活保護を受けており、かつパート収入などの自収入があれば、お金を借りるのは可能となります。しかし、キャッシングなどでお金を借りていることが福祉局にばれてしまうと、生活保護の援助を止められてしまうリスクがあるのです。
それは借りたお金の返済に生活保護費を充てられてしまうと困るからです。本来、生活保護費は、福祉目的の援助であって、借金返済のために使えるものではないからです。だから違反行為となって生活保護を止められてしまう訳なのです。以上のことから、母子家庭の主婦でもパートなどで安定収入さえあれば、お金は借りられます。他方で、無収入の母子家庭の主婦や整髪保護を受けている場合はお金は借りられないと考えておくべきだと思います。

主婦キャッシング一覧