総量規制について

総量規制は、お金を借りる人なら誰でもいちおう頭の中に入れておきたいルールであると言って間違いないと思います。また、総量規制のルールを知らなかったことで、「お金が借りられない!」なんていう事態もありますよ。だから総量規制については、お金を借りる主婦の方には是非とも知っておいて欲しい事柄となります。

 

「総量規制」ってなんだろう?

 

総量規制が導入される以前のキャッシングでは、各申込者が利用できる借入上限額というものは実質的にありませんでした。つまり、「いくらでもお金が借りられた!」ということなんです。
たとえば、年収100万円の人でも、場合によっては150万円、200万円といったように幾らでもお金が借りられる可能性、融資してもらえる可能性があったのです。しかし、そのようなリミットの無い借入をしていれば、必ず返済できなくなってしまう人もでてきます。
実際に借金塗れになって返済できなくなる人は少なくありませんでした。そのような状況をうけて、当時では「サラ金地獄」といった言葉が世間で流布したのです。そこで行政側は、そのような過熱する融資競争に歯止めをかけるべく、平成22年6月に貸金業法を改正するとともに、総量規制の導入を決めて、そして「年収の3分の1までが融資上限とする」といった総量規制によって過剰融資に歯止めがかかることになりました。総量規制の下ではどのような社会的地位の高い人でも有名人でも、年収の3分の1以上は絶対にお金を借りることはできなくなったのです。さらに言うと、この総量規制導入の影響をもろに受けたのが、お金を借りる主婦であったと言ってよいのです。

 

「総量規制」は主婦にとって厳しいルールです!

 

総量規制の導入によって、一番大きく変わったことは「収入の無い人には融資できない!」といったことなんです。そして、この影響の煽りをもろにくらったのが主婦の方、特に無収入の専業主婦となったのです。
総量規制の導入以前では、お金を借りることができた専業主婦が、総量規制の対象となってしまう消費者金融ではもうお金を借りられなくなってしまいました。
お金を借りる主婦全般にとっては、総量規制によって借入額の上限が低くなってしまった人も多いのです。なぜなら、パートで収入ある主婦でも、パート収入が90万円の人だと30万円までしかお金を借りることができなくなってしまったからです。総量規制が導入される以前なら、年収90万円のパート主婦でも30万円以上の借入は可能でした。以上の事から、総量規制の導入によって、パート主婦のような年収の低い人は、借入の上限が低くなってしまうので、ある意味消費者金融では借り難くなってしまったことと、無収入の専業主婦は消費者金融から締め出されてしまった格好となって借入先は総量規制の対象外となる銀行カードローンのみになってしまったと言えるのです。

主婦キャッシング一覧