賢い借り方、返済の仕方などアドバイス

お金を借りる主婦においても、「生活費足りないから借りる!」といった、いわば思いつきで借りている人と、計画的に利用して借りている人とでは大きな違いが生じると言ってよいのです。お金の借り方では、借りたお金を完済するまでの返済総額といったかたちで、賢い借り方をしているのかどうかの違いというものが分かってしまいます。では、お金借りる主婦の賢い借り方ってどんな借り方なのでしょうか?

 

なによりも安全第一で借りる

 

賢い借り方において、なによりもまず大切なのは、「信頼できる金融会社でお金を借りる!」ということなのです。つまり、「借り易いから!」「簡単にすぐに借りられるから!」といった短絡的な理由だけでお金を借りてしまうと、ヤミ金や悪徳金融に捕まって大変な目にあってしまうと言うことなのです。憶えておきたいのは、「お金を借りるためには面倒や手間がかかるものである」ということなのです。そのことから、お金借りる主婦におすすめな借り方としては、お金を借りる安心さや信頼感ではピカイチと言ってよい銀行キャッシングとなります。銀行は審査も厳しくて、借りるまでに時間がかかってしまうことはあります。でも、そんな手間や面倒さ、厳しさは借りる安心さの裏付けと言ってよいのです。加えて、テレビCMや広告などで有名なプロミスやアコムなどの大手消費者金融も借りる安心さでは太鼓判ですよ!

 

低金利のところで借りる

 

お金を借りる際には、特に「金利」に注目するのは賢い借り方となります。なぜなら、金利は低ければ低いほど、借りた後の返済負担が軽くなりますし、総返済額も小さくなるので絶対にお得です。金利の低さだけで言えば、銀行キャッシングは一番低金利となるので、お金借りる主婦にはおすすめです。他方、銀行に比べるとプロミスなどの大手消費者金融は、やや金利は高めとなります。金利面で一番金利が高くなるのは、中小消費者金融のキャッシングとなります。ただし、金利が低くなればなるほど審査は厳しめとなって借り難くなることは覚悟しておく必要があると思います。

 

返済計画を第一に考えた借り方をしよう

 

最後の賢い借り方としては、返済計画、つまり「いつまでに借りたお金を完済するのか?」といった点を明確にした上で借りることです。たとえば、2〜3か月の短期間で完済するのであれば、審査の柔軟さを優先して、多少金利は犠牲にしても消費者金融のキャッシングが賢い借り方と言ってよいでしょう。6カ月以上の比較的長期の借入なら、なによりも金利が低いところを優先した借り方が賢い借り方となります。そして、返済での賢いアドバイスをさせてもらえば、返済期間の最初に集中して多めに返済するのと、一定額を返済するのとでは、最初に集中して多めに返済してから最後の機関に一定額の返済にするとの返済方法にすると返済総額で大きな開きが出るのです。たとえば、年12%で50万円借りて、最初の10か月で3万円ずつ返済してその後完済まで1万円ずつ返済した方が、最後の10か月は3万円ずつで、それまでは1万円ずつ返済するよりも、返済総額でおよそ7万円弱も減るのです。以上のことから「いくら借りれるのか?」ではなく、「いつまでに完済できるのか?」を中心にお金を借りるのが賢い借り方になると言ってよいのです。

主婦キャッシング一覧