返済に遅れたらどうなるのか?

お金を借りる主婦では「お金を借りるのはいいけど、きちんと返済できるかしら?」ってやや不安に感じている方って多いのではないでしょうか。確かにキャッシングはお金を借りるよりも返済する方が大変なんです。返済のことをしっかり考えて借りるのがキャッシングの定石とも言ってよいでしょう。でも、どうしても返済に遅れてしまう可能性だってまったく否定できませんよね。そこでもし返済に遅れたらどうなるのでしょうか?

 

返済に遅れたら「遅延損害金」かかります

 

お金を借りる主婦が、カードローンなどを利用する際には、カードローン会社と融資契約を結ぶことになります。と同時に、「毎月○○日までに返済します」といった返済の契約を結ぶこととなります。契約なのでいかなる理由で、たとえ1日でも返済に遅れると「契約違反」とみなされて必ずペナルティーが課されることになります。そのペナルティーとは「遅延損害金」なのです。
遅延損害金は、たいていの金融会社では年率20%となります。遅れた分の支払いが完了される期日まで年率20%の遅延損害金が発生することになります。遅延損害金は、金利とは別に支払うものなので、支払いは「元金+金利+遅延損害金」の合計となり、返済負担は増えることになります。
さらに、単に遅延損害金が発生するだけでなく、場合によっては信用情報機関に遅延損害金が発生した事実が記録されてしまうことで、キャッシング審査に通り難くなってしまうのです。いかなる事情や理由でも信用情報機関の自分の履歴にキズを付けてしまうのは、お金が借り難くなってしまう原因となるので憶えておいてください。

 

返済に遅れそうになったらどうすればいいの?

 

お金を借りる主婦が、もし返済に遅れそうになったら、とにかく利用しているカードローン会社に遅れてしまう旨をきちんと伝えることと、「○○日までに遅れた分を返済します」といった約束を必ずすることなのです。
きちんと遅れる旨を連絡したからと言って、遅延損害金を勘弁してもらえる訳ではありませんが、そのようにきちんと対応すれば少なくても信用情報機関の履歴にキズがつくことは避けられると思います。
一方で、連絡も無しにそのまま返済遅延を放置しておくと、まず会社に届け出た携帯電話に返済の催促が入ります。それでも返済に応じずに遅れたままにしておくと、今度は職場や自宅に返済の催促の電話が来ます。その後は、自宅に返済の督促状が届きます。それでも返済にきちんと対応しないと、最終的には返済の取り立てが保証会社へと移って、給料の差し押さえや債務整理などの法的措置に及んで、カードローン利用を停止されることになります。

主婦キャッシング一覧