配偶者貸付について

「配偶者貸付」という制度をご存知でしょうか?お金を借りる主婦はもちろん、特に専業主婦の方には是非とも知っておいていただきたい制度なんです。なぜなら、配偶者貸付を利用すれば、収入の無い専業主婦でもカードローン等でキャッシングが可能になるからです。

 

「配偶者貸付」ってなに?

 

配偶者貸付とは、簡単に説明すれば、収入の無い主婦が夫の年収を担保にすることで、あたかも収入のある主婦とみなすことで専業主婦でもお金を借りることができるようにする制度のことなのです。
この配偶者貸付の利用は、総量規制の対象となる消費者金融で利用することになります。さらに言えば、配偶者貸付は、無収入の専業主婦が利用できる制度であり、他の無収入の人では利用できません。
総量規制の対象になる消費者金融では、「収入の無い人には融資できない」ことになります。つまり、「無収入の専業主婦だと消費者金融でお金を借りられない」と言うことなのです。
しかし、配偶者貸付が利用できれば、収入の無い専業主婦でも消費者金融でお金を借りる主婦となります。配偶者貸付の利用には、いくつか条件があります。それは配偶者の同意書あるいは承諾書、結婚している事実を証明できる住民票か戸籍抄本、そして夫の収入証明書といった3つの書類を提出して、すべての書類が審査に通ることとなります。そのことから3つの書類すべてを提出できても、一つでも書類内容に不備があれば配偶者貸付は利用できないということなのです。また、夫の収入が不安定だったり雇用が不安定だと、配偶者貸付の利用を断られる場合があります。

 

「配偶者貸付」の利用実態はどうなの?

 

お金を借りる主婦が配偶者貸付の利用が認められた上で、借入可能となる金額はいくらくらいになるのでしょうか?無収入の専業主婦の場合は、夫の収入のみで計算されることになるので、「夫の年収−他社借入額=借りれる金額」になると考えてよいでしょうね。
そして、総量規制では年収の3分の1までが融資上限となるので、「借りれる金額」の3分の1までが原則として無収入の専業主婦が借りられる金額の上限になると考えてください。
しかし、配偶者貸付を利用した場合でも、そのまま総量規制のルールが適用された融資上限額とはならないことが少なくないのです。それは配偶者貸付を利用した上で、専業主婦への融資上限額を一律で30〜50万円くらいに設定している場合が多いようなのです。そして、実際の配偶者貸付の利用に関して言えば、プロミスやアコム、モビットやアイフルなどのテレビCMなどで知名度の高い大手消費者金融では、事務処理手続きなどの煩雑さを理由にして、実は専業主婦の配偶者貸付の利用を断っているのです。そのことから専業主婦が配偶者貸付を利用してキャッシングできるところは、大手よりももっと審査と融資が柔軟な中小消費者金融になると考えていただければよいと思います。

主婦キャッシング一覧