金利の計算方法

お金借りる主婦にとって、「いくらくらい借りられるのか?」もすごく気になるところですが、「金利はどのくらいになるの?」といった点もかなり心配な点となるのではないでしょうか?他方で、「なんか金利計算って面倒くさそう!」なんておっしゃる主婦の人もいるのではないでしょうか。でも、やはりお金を借りる時には金利計算はしっかりしてから借りたいものですね!

 

金利計算しないキャッシングは本来有り得ません

 

金利は、お金を借りる上において、すごく大切な点になると言っても過言ではありません。なぜなら、金利によって毎月の返済負担に大きな差が出てしまうからなのです。また、強強いて言えば、「キャッシングとはお金を借りてすべて返済するまでがキャッシングである!」と言ってよいのです。それゆえ、少しでも金利の低いところで借りて、借りた後の返済負担を軽くすることが「賢くお金借りる主婦!」と言ってよいと思いますよ。また、金利に対して無頓着に借りてしまうと、「こんなに金利の負担って思いの!」「予想よりも金利負担が重くて返済できない!」なんていった一大事に発展してしまうことだってあります。

 

金利計算ってどうやるの

 

金利は「パーセント」で表示され、年利となり、金利によって利息額が決まります。たとえば、消費者金融のキャッシングでは年4%台〜18%となり、借入額によってこの範囲内の金利が適用されることになります。一方、銀行キャッシングだと年4%台〜14%台となります。そして、金利計算は年利なのですが、実際には「日割り計算」となるので注意が必要となります。たとえば、10万円を年18%の金利で1カ月間借りると、金利計算の方法は「10万円×18%÷365日×30日=1479円」となります。つまり、年18%で10万円を1カ月間借りると、支払う利息額は1479円になると言う訳です。このように年〇〇%となりますが、実際に払う利息額は日割り計算となるので、借りたお金は1日でも早く返済した方が金利負担は減ると言うことなのです。

 

金利は低いに越した事はない

 

お金借りる主婦にとって、金利は低ければ低いほどよいことになります。そのことから、お金借りる主婦の場合は、できるだけ金利の低いところで借りるようにするのが「賢い主婦キャッシング!」になると言って間違いありません。では、お金借りる主婦がなるべく低金利でキャッシングするためには、どうすればいいのでしょうか?それに対する答えは、「銀行でキャッシングする!」と言うことになります。なぜなら、いろいろなキャッシングの中では銀行キャッシングが一番低金利となるからです。そして、お金借りる主婦の方は、最低金利よりも「最高金利」に注目して、できるだけ最高金利の低いところで借りるようにしてください。と言うのは、最低金利は最大融資額に近いところまで借りた際に適用される金利なので、言ってみれば実質金利とはなりにくいのです。また、主婦の場合は、そんなに大口融資を受けられないので、実質的にお金借りる主婦に適用される金利は、最高金利となります。そして、最高金利が低いのは銀行であり、消費者金融だと年18%ですが銀行だと年14%台となって約4%も金利がお得になるのです。

主婦キャッシング一覧